虫歯にならないために

虫歯にならないようしっかりと予防することは生活を送る上での基本となっていますから、様々な道具が開発されてきました。 当サイトでは虫歯にならない方法について伝えるようにし、原因と症状に関してもご紹介します。 虫歯予防に繋がる方法は食後に歯を磨く・キシリトールガムを噛む・歯磨き粉を使うといったのが一般的なやり方となります。 食事を終えてから30分後に歯を磨くことで歯垢を落とせますから、虫歯になる可能性を下げられるのです。

またキシリトールガムを噛み続けることで細菌が出す酸を抑制させられるので、これにより歯の腐食を予防出来ます。 歯磨き粉にはフッ素がある程度使われており、これを使い続けることでも虫歯にならないよう予防出来るのです。 フッ素が歯に取り込まれるとフルオロアパタイトと呼ばれるものが形成されて、細菌が出す酸に対して抵抗力を持てるのです。 口の中のpHは通常は6.7程度に維持されているのですが、これが5.5以下になると歯が溶け出してしまいます。

アルカリ性の状態になっていると歯が溶けてしまうことはありませんが、糖を含んだ飲食物を口内に入れるとプラークの中に含まれている細菌が酸を出すので、それが影響してpHが下がるのです。 pHが5.6以下になると再石灰化と呼ばれる現象が起こるようになり徐々に中性に戻るのですが酸の影響で歯の部分が若干溶けてしまうことがある為、出来るだけ酸性にする成分を口に含まないよう注意するのが良いです。

<人気のサイト>
抜かなくてはならないほどの虫歯になってしまった場合、最近ではインプラントという方法で歯を入れ直せます。ご参考までに > > インプラント

 

Copyright © 2014 虫歯にならないために All Rights Reserved.